サプリメント

コレステロールは増えすぎると危険|生活習慣病の大きな要因

豆知識や工夫することとは

メタボ

コレステロールは、体の中の細胞を作るためには必要な存在であります。しかし「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールが、必要以上に増えてしまうと健康に影響を与えるので注意が必要です。またコレステロールを抑えるためにも、食生活や調理方法の工夫が必要となります。

Read More

おすすめの食品

ストレッチ

悪玉コレステロールは、体内で増えると動脈硬化を引き起こします。それで、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの疾病を引き起こしてしまいます。解消するために効果的な食品として、いちご、貝やいかなどの食品がおすすめです。

Read More

健康のために

笑顔

コレステロールというのは、基本的に人間が健康に暮らしていくために欠かせない成分です。しかし、あまりにも過剰に体内にあると、悪玉コレステロールとして機能します。血管に大量に悪玉コレステロールがあふれると、血管が徐々に詰まっていきます。解消するには、青魚、さつまいも、納豆などの食品がおすすめです。

Read More

食生活の欧米化が要因

ウエスト

生活習慣病に繋がる

コレステロールの役目は細胞膜の材料となったり、血管の強化や維持などを司ります。コレステロールは人間の体にとって大事な要素なのです。しかし増えすぎると体に害を与えるようになります。コレステロールの改善は、規定以上に増えすぎたものを正常な状態にまで減少させることにあります。コレステロールが増加しすぎると血管の壁に付着し血管を詰まらせることになります。その結果、動脈硬化などの生活習慣病になることもあります。血管を詰まらせる作用は様々であり、脳で生じると脳梗塞になり、心臓で生じると心筋梗塞になります。いずれも放置すると死に至る恐ろしい病気です。そのためコレステロール値を正常に保つことが一番の予防策となります。

食生活の改善

コレステロールの改善は何より食生活です。肉料理やジャンクフードなど食生活が欧米化している日本では近年コレステロールの値が規定以上になるケースが増加しています。それに比例して脳梗塞や心筋梗塞などの患者も増加しているのです。食生活を魚やゴマや野菜などを中心にすることで改善させることはできますが、必要なのはその成分です。食事で摂取できる量には限界があります。そのためサプリメントなどを活用して必要な栄養素を補充することが大事になります。食事についでに飲むだけで必要な栄養素を補充できるため、サプリマントは継続させることが容易です。毎日の食生活に付け加えるだけの簡単にできる健康法であるため、多くの人が行っています。