栄養補助食品

コレステロールは増えすぎると危険|生活習慣病の大きな要因

健康のために

笑顔

重大な疾患をもたらす

コレステロールは、一般的に体に良くないものと認識されている方が多いです。しかし、コレステロールは人間の細胞膜を造ったり、胆汁酸の原料となる機能が有ります。そのため、人間が健康に暮らしていくために欠かせない栄養素といえます。ですが、ストレスや食生活が乱れると、コレステロールが過剰に造られてしまいます。そのコレステロールは悪玉に変換されて、体に悪い影響を与えてしまうのです。たとえば、コレステロールが原因で動脈に詰まって、スムーズに血液が流れなくなります。その結果、動脈硬化となり、狭心症、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の発症に繋がります。その他にも、胆嚢や胆管内に結石ができる胆石も起こる可能性が高いです。なので、健康を維持するために、コレステロール値は常に検診で把握すべきといえます。

解消するための方法

コレステロールは人間に欠かせないものですが、過剰に増えると体に良くないです。そこで、これからコレステロールの値が高い人のために、効果的な食品を紹介します。まず、必ず押さえたい食品が、サンマやイワシ、アジなどの青魚です。青魚に含まれるDHAとEPAには、血液をサラサラにしてくれる作用が有ります。なので、動脈硬化になるリスクを抑えてくれます。その他にも、大豆、あずき、納豆、さつまいなどの食品も積極的に摂ってほしいです。これらの食品には、大量の水溶性食物繊維が含まれているからです。水溶性食物繊維には、悪玉コレステロールを体外に排出する強い作用が有ります。なので、毎日の食事で摂ることをおすすめします。