栄養補助食品

コレステロールは増えすぎると危険|生活習慣病の大きな要因

豆知識や工夫することとは

メタボ

コレステロールというと、悪者であるというイメージを持つ人も少なくありません。しかしながら、コレステロール自体は体の中の細胞を作るために重要な成分であることは知っておくと良いでしょう。ではなぜコレステロールに注意する必要があるのかといえば、「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールの存在であります。LDLコレステロールが必要以上に増えすぎてしまうと、健康に影響を及ぼす可能性があるのです。LDLコレステロールが増える要因には、遺伝的なものや更年期が影響していると考えられています。更に生活習慣も大きな影響があります。例えば脂っこい食事を続けたり、野菜不足であったりすると増える要因となります。だから食生活の見直しは必須であります。

コレステロールの上昇を防ぐためには、脂質を摂りすぎないことが重要です。ここでは、脂質を抑えるための工夫について取り上げてみます。まず食生活習慣の点から見ると、バランスの良い食事を心がけたり、3食きちんと食事を摂ったりすることが重要です。またコレステロールは夜間に合成される性質を持つので、夜遅くに食事をしないという工夫も必要でしょう。次に調理の点から、出来る工夫についてみていきます。材料を揚げたり炒めたりするよりも、茹でたり蒸したりすると余分な脂質が落ちます。また材料についても、肉の場合は赤身や皮なしの鶏肉など脂肪の少ないものを選ぶと良いでしょう。更に使う油も、オリーブ油や菜種油を使用するなどの工夫も必要です。