栄養補助食品

コレステロールは増えすぎると危険|生活習慣病の大きな要因

おすすめの食品

ストレッチ

増えると起こる症状

健康診断などで、コレステロール値は健康を把握する上で欠かせないものです。基本的にコレステロールは、細胞膜を作る・栄養の分解・吸収など重要な役割があります。しかし、コレステロールが体内で増加しすぎると悪玉コレステロールに変換します。そして、血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまうのです。そもそも動脈には、体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ役割があります。その動脈自体が動脈硬化で働かなくなると、体に色々な悪影響をもたらします。たとえば、心臓に負担がかかって高血圧、心不全などの心疾患になります。また、血管が詰まることで、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの病気も引き起こします。なので、悪玉コレステロールが多い場合、早めに対処する必要が有ります。

効果のある解消法

悪玉コレステロールを減らすためには、毎日の食事で気をつけることが大事です。たとえば、タウリンを多く含む貝やいか、魚の血合いなどの食品を多めに摂ると良いです。タウリンという成分には、人間の細胞を正常な状態に戻そうとする作用が有ります。なので、悪玉コレステロールが詰まって血圧が高い状態を下げてくれる効能があるのです。その他にも、いちごもおすすめの食品です。というのも、いちごに含まれる成分は、悪玉コレステロールの酸化を抑制するからです。その他にも、いちごにある食物繊維は、血中のコレステロール値を下げてくれる働きが有ります。さらに、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、体の健康維持のために有効です。